<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

引っ越し3日目

引っ越し3日目といってもデカ兄のそれは昨日で終了。
今日は自分のセクションの引っ越しなのです。
明日から「みなさんにより分かりやすく」と言うことで、今のセクションが分割されます。
よって、分割された片割れが出ていき、そして残った側が整頓するという作業が生ずるのです。
作業は午後から開始。
長机を取りに行ったり、事務机を返納したり、書類を片づけたりと、まさに昨日、一昨日に続いての引っ越し作業です。
さすがに3日続けての引っ越しは次第に嫌気がさしてきましたが、そんなことを言っても替わりにやってくれる人がいるわけでもないのでコツコツと・・・
とりあえず仕事のできる状態にして20時に閉店としました。
あ~ 疲れた。

途中、上位機関から来ていた高校のクラスメートが本日を持って派遣が終了と挨拶に来てくれました。
また、昨年中旬頃から急速にお友達になった上位機関の同士からも電話が。。。
人のつながりはお金では買えないなかで、本当にありがたく思いました。
Y君、Mさん、これからもよろしくお願いしますね。
[PR]

by peace-corgi | 2008-03-31 22:34

引っ越し2日目

引っ越し2日目の今日はチョットした家具&自転車&昨日の忘れ物などを持って行きました。
軽自動車とはいえさすがにトラック。
余裕で運ぶことができました。
家具の転倒防止など地震対策もOK!
これで、残すはベッドのみとなりました。
ベッドの到着は4月中旬以降とのことですが、下宿を訪れる「理由」ができるので、「良し」としましょう。

夜、3人になった我が家は、心なしか寂しい雰囲気・・・  です。

あっ 忘れてた・・・
3人+1匹ですね。。。
[PR]

by peace-corgi | 2008-03-30 22:42

引っ越し

今日はデカ兄の引っ越し。
2トン車あたりをレンタルすれば1日で済んでしまうところですが、引っ越し先が40キロ程度しか離れていないことや、経費節減のため、2日に分けて、ボクの車(ボクシー)と実家の親父の軽トラックを借りて行うことにしました。

出発は7時40分頃。
「これ以上、載せられるものか」というぐらい荷物を積み込み、下宿先へ。
途中、ボクの実家へ立ち寄り、明日のための準備(軽トラックに大きな家具類を載せておく。)をし、再度出発。
そして小1時間で到着。
下宿は1階なので、荷物の運び込みが超楽チン。
防犯上の不安はあるものの、こういう場合は「よかった!」と思いますよね。
ある程度片付いたところで、ベッドを買いにホームセンターへ。
目星をつけていたベッドをお願いしようとしたら何と品切れ。
系列店やライバル店をアチコチ回りましたが、結果的に見つからず注文することになりました。
これは失敗!あらかじめ注文しておくべきでした。

下宿に戻り、再度片づけ。
いろいろ忘れ物があることが分かり、明日、持ってくることになりました。   つづく
[PR]

by peace-corgi | 2008-03-29 22:34

どうなることやら・・・

今日は朝一番に前に所属していたセクションの上司から情報提供。
市内の国道で自損事故が発生し、油が流出しているとのこと。
さっそく2人で現場に出向いてみると・・・
やはり流出していました。
まずは吸着剤をまき、油の流出を抑えて、原因物を特定するべく情報収集。
結果的にオートマオイルであることが判明。
ここまで作業を終えたところで、道路管理者である上位機関が到着。
情報を引き継ぎ、後の作業をお願いしました。
本来なら管理者が行うべき仕事なのですが、油が川にでも入ったら一大事です。
みなさんの安全・安心のために・・・ と速やかな初動を心がけています。

人員削減のあおりを受け、来年度から大幅な課員の減少を余儀なくされた我がセクション。
こんな事故が起こったときの対応が心配でなりません。
大人数で対応しなければならないときは、人事担当セクションにセクションのお留守番でもお願いしましょうか。。。
[PR]

by peace-corgi | 2008-03-28 23:11

一気に

昨日から今日にかけ、新城では一気に桜の開花が進みました。
たくさんの桜の木があるのに、示し合わせたように開花していく様は、本当に自然の奥行きの深さを感じます。
本当に素晴らしい。。。

今日は朝から3時頃まで現場でした。
久しぶりに太陽の下で仕事をしたって感じで、とても気持ちが良かったです。
[PR]

by peace-corgi | 2008-03-27 22:31

無事 見つかりました!

一時預かりしていたポメラニアンですが、無事、貰い手が見つかりました。
心配していただいた皆さん、ありがとうございました。
本当に良かった!
ボクが視察対応をしていたときに貰われていったので、お別れの挨拶ができなかったことが唯一の心残り。
でも、一緒に一晩を過ごし、更にボクの後をずっと歩いてついてくるようになったので、そういう点ではよいタイミングだったのかもしれません。
別れがどんどん辛くなりますからね。。。
(実は今でも少し寂しかったりします。)

どうか余生を幸せに過ごして欲しいと思います。
[PR]

by peace-corgi | 2008-03-26 20:26

ビックリです!

ワン友さんから連絡がありました。

コチラ をご覧ください。

このブリーダー許せません!

さて、昨日のブログに登場したポメラニアンですが、獣医さんに見ていただいたところ「まだ若いよ。2~3歳くらいかな」とのことです。
本当におとなしい子です。
どなたか里親さんになってくださる方、いらっしゃらないでしょうか?
ガス室行きではなく、この子に余生を過ごさせてあげたいのです。
[PR]

by peace-corgi | 2008-03-25 20:34

捨てられた犬

今日、朝一番での仕事はワンコの捕獲でした。
朝、登庁したときから「職場の周りにどうもワンコがうろついている」とは思っていたのですが、何とポメラニアンでした。
やっとの思いで保護した子は♀で赤ちゃんを産んだ形跡が残っていました。
ここでイヤな予感!
そうです。以前にもブログに記しましたが、最近、繁殖を終えたワンコを放棄していくブリーダーが度々見られるのです。
職場にも飼い主から問い合わせがないため、K察、動物保護管理センターにも聞いてみましたが答えは同じ。ということは、やはり。。。
a0086656_2138507.jpg

とは言ってもこの子には何の罪もありません。
余生をできるだけ幸せに過ごせる環境をできれば探してあげたいと思うだけです。
a0086656_21394674.jpg

どなたか、家族として引き取っていただけそうな方・・・
ご連絡いただけるとウレシイのですが。
[PR]

by peace-corgi | 2008-03-24 21:40

ちょっとねぇ 住所かけないじゃん!

先日、出張へ出かけた際に撮った写真です。
これじゃ住所書けませんねぇ・・・
実際の読み方は「阿保(あお)」だそうです。
a0086656_21251270.jpg

[PR]

by peace-corgi | 2008-03-23 21:20

アルツハイマーのTV

先日、連れ添いがアルツハイマーになってしまった方のドキュメンタリー番組が放送されていました。
誰にでも起こりうる病気ということで、興味深く見ていました。
奥さんがある日突然アルツハイマーと診断され、徐々にその兆候が色濃くなっていく様子、それをしっかり看護するご主人の姿が放送されていました。
奥さんも、ご主人も「なぜ自分が」「なぜ連れ添いが」というところから、前向きに「病気としっかり向かい合って生きていこう」という考えになるまで、本当に辛かっただろうなと思いました。

新しい記憶がどんどん薄れていく姿

自分の子どもまで忘れていってしまう姿

そのうちに看病してくれている連れ添いの顔まで忘れてしまうのではないかという恐怖

番組を見ていて、涙が止まりませんでした。
ボクには「あんな献身的な看護ができるのだろうか」とずっと思いながらテレビを見ていたら、「お父さんだったらあんな場面では絶対に怒るね」と言われました。
そうかもしれないな。。。
「そんなことない」って自信を持って言えないもの。。。
[PR]

by peace-corgi | 2008-03-22 23:14