深夜営業自粛に反論 ~日本フランチャイズチェーン協会~

洞爺湖サミットに向けて、やっと動き始めた感のある政府の温暖化対策。
いろいろなところに「あ~しろ」「こ~しろ」はいいのですが、(何度も言っていますが)自分たちも黒塗りの車から足を洗わなくちゃいけませんね。

こうしたなかで、地球温暖化対策の一環として、コンビニエンスストアなどの深夜営業の規制を検討する動きが全国の自治体に広がりつつあるのをご存じですか。
14都府県(自粛要請を表明したのが埼玉県、自粛要請の表明を検討しているのが東京都、神奈川県、自粛要請の検討を予定しているのが宮城県、福島県、茨城県、群馬県、千葉県、岐阜県、京都府、鳥取県、徳島県、佐賀県、鹿児島県)と7政令市(自粛要請を表明したのが京都市、自粛要請の表明を検討しているのが横浜市、自粛要請の検討を予定しているのが仙台市、静岡市、浜松市、名古屋市、広島市)が深夜規制を検討中か、検討を予定しているそうです。

いいことじゃん060.gif

だって、夜のコンビニの明るさっていったら普通じゃないです。
確かにあれば便利だし、ボクもたまには利用しているけど・・・
温暖化問題が取り返しがつかなくなるかもしれないって時に悠長なことは言ってられないでしょ。
しかし、日本フランチャイズチェーン協会は以下のように反論しているそうです。

021.gif021.gif021.gif021.gif021.gif021.gif021.gif021.gif021.gif021.gif021.gif021.gif

埼玉県などが温暖化対策を目的にコンビニエンスストアの深夜営業自粛を求める方針を示した問題で、大手コンビニチェーンなどでつくる日本フランチャイズチェーン協会(JFA)は20日「自粛による二酸化炭素(CO2)削減効果は薄く、防犯面でのマイナスも大きい。24時間営業はライフスタイルの変化と社会の要請に対応したもので、今後も継続していく」と反対の見解を発表した。記者会見した土方清JFA会長(サークルKサンクス会長)は「温暖化への対応は重要課題として取り組むが、コンビニ(の時間営業)だけをターゲットにするのはアンフェア」と述べた。

 JFAによると、営業時間を午前7時~午後11時の16時間に短縮しても夜間の冷蔵機器の運転は止められないうえ、渋滞の多い昼間に配送することになり、CO2削減効果は4%程度にとどまる見通しという。一方で、売り上げは2割程度減少するなど経営への影響は大きく「従来のビジネスモデルが成り立たなくなる」(山口俊郎JFA副会長、セブン-イレブン・ジャパン社長)としている。

 さらに、身の危険を感じた女性がコンビニに駆け込むケースは07年度は1万3169件に上り、このうち4割以上が午後11時~午前5時の深夜に集中。自粛による防犯面での弊害は大きいという。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

会社として困るのは理解できるけど・・・
ヨーロッパではもう社会構造を「エコ」にシフトしてきているんだよね。
そんなことには気づいているはずのに・・・
早く行動に移して欲しいな。
[PR]

by peace-corgi | 2008-06-22 21:28